和歌山県伊都郡かつらぎ町 腰痛 膝痛 肩の痛み 超音波画像診断装置 エコーガイド下 トリガーポイント鍼灸治療 はり お灸 インソール 巻き爪 フットケア

正しい靴の履き方

かかとトントン、キュッ

正しく靴を履くことで靴のフィット感が良くなる上に、靴が持つ機能や性能を最大限に引き出すことが出来ます。正しい靴の履き方をご存じの方は少ないと思います。間違った履き方を続けていると身体に痛みが出る、姿勢が悪くなる、運動のパフォーマンスが落ちるなど良くないことばかりです。この機会にぜひ、正しい履き方を覚えて下さい。

1

1.靴ひも(マジックテープ・ベルト)をゆるめる

靴ひもは一番下まで完全にゆるめてください。

2

2.カカトを合わせる

椅子に座り、靴に足を入れたら、カカトを床に『トントン』と落として靴のヒールカップに密着させます。立った状態で、つま先トントンはNGです。

3

3.靴ひもをしめていきます。つま先を上げたまま、つま先側から1列ずつ順番に締めてください。ゆっくりと、緩め過ぎず、締め過ぎず締めて下さい。この時、靴ひもは横に引っ張ってください。上に引っ張ると、ハトメ(靴ひもの穴)に抵抗が加わり閉まりにくくなります。

4

4.カカトを床につけて、つま先を上げたまましっかりと締めて下さい。

靴は道具です

いくら足に合った靴やインソールを入れても正しい履き方をしなければ、台無しです。当院の患者様に足に良い靴正しく履いてもらうと『足が軽くなった』『すごく歩きやすい』『痛みなく歩ける』と笑顔になられます。

m1040b8