和歌山県伊都郡かつらぎ町 腰痛 膝痛 肩の痛み エコーガイド下 トリガーポイント鍼灸治療 はり お灸 インソール 巻き爪 フットケア 野球肘 スポーツ トレーニング

野球肘検診

野球肘とは

野球肘とは投球時に肘の骨、軟骨、靱帯などにストレスがかかることで起こる投球障害です。成長期に起こりやすく、肘の内側部、外側部、後方部に症状が出る3つのタイプがあります。この中でも特に注意が必要なのは外側部に起こる『離断性骨軟骨炎(OCD)』です。痛みなく骨や軟骨の破壊が進行することが多いのが特徴です。子ども自身や指導者、保護者も気がつかず投球を続けてしまい、痛みが現れた頃には手術が必要になっていることが多く、手術をしても完治できないこともあります。

内側型、後方型では約1カ月~3カ月、外側型では約6カ月~1年間、投球動作が禁止になることが多いです。

野球肘は定期的にチェックすることで予防できる障害です。

20170928-00010000-yomonline-001-1-view野球肘3

野球肘検診の目的

野球肘検診の目的は成長期の野球肘を出来るだけ早期に発見し、適切な対処をすることです。野球肘で選手生命を絶たれる子どもを減らし、大好きな野球を続けられるように大人がサポートすることが大切です。当院の野球肘検診では超音波観察装置(エコー)を使うことで肘に痛みのない早期に発見することが可能です。※エコーは人体に無害なため、お子様でも安心して受診していただけます。

野球肘検診の流れ

①野球肘検診の説明(選手・指導者・保護者)約15分

3789Inked3788_LI

②理学検査(触診・可動域検査・運動検査など)

Inked3780_LI

③エコー検査(1人約5分)

3785Inked3784_LI

④運動指導(選手全員で体操・ストレッチなど)・投球ホームの説明

Inked3781_LI

野球肘検診の内容

①チーム検診 10名~

②個人検診  お電話、メールでお問合せください

※理学検査・エコー検査・運動指導を含みます

※人数が多い場合は、数回に分かれて実施することがあります

※詳しくはお問合せ下さい 0736-22-1586 メール http://www.hakucho-hari.com/contact

野球肘のエコー画像

20160801_0320160801_0820160801_09

引用:柔整ホットニュース 運動器超音波塾

http://www.jusei-news.com/gakujutsu/feature/2016/08/20160801_02.html